大阪狭山市で葬儀のお布施が安いお寺をお探しなら【真宗大谷派 安樂寺】まで~意外と知られていないお通夜の意味~

大阪狭山市で葬儀のお布施が安いお寺をお探しなら【真宗大谷派 安樂寺】へ

大阪狭山市で葬儀のお布施が安いお寺をお探しなら【真宗大谷派 安樂寺】へ

大阪狭山市葬儀お布施安いお寺を探しているという方がいらっしゃれば、大阪狭山市に支院・松原市本院の【真宗大谷派 安樂寺】へご連絡ください。

葬儀の際のお布施を7万円~、また直葬斎場棺前では2万円~(詳しくはこちら)とさせていただいておりますので、「どのくらい包めば良いのか分からない」という方も、「あまり費用を掛けられない…」という方もご安心ください。お布施以外に、何かご不明な点があれば、お問い合わせお待ちしております。

お通夜の意味とは?(世間一般的な解説です)

お通夜の意味とは?

葬儀の前に行われるお通夜は、遺族や親族、親しい友人などが集まり、故人と最後の夜を過ごすものです。故人の良いところや思い出を語り合いながら、朝まで眠らずに過ごすというのが基本でしたが、今では1時間~2時間ほどで終わる「半通夜」が主流になってきています。

仕事を終えた後でも参列できる時間帯(18時~19時頃)から行われることがほとんどで、昼間に行う葬儀や告別式に出席できない人は、お通夜で故人とお別れをします。

そんなお通夜はもともと、死の確認のために行われるものでした。昔は、人の死を判定することが難しかった為、一晩付き添うことで本当に亡くなったのかを確認していたそうです。また、故人の良いところなどを語り合い、復活を望む儀式であったとも言われています。

医療技術が発展した現代では生死がはっきりしないということはありませんが、「故人との別れを惜しむ時間」という意味に変わり、お通夜が行われるようになりました。

大阪狭山市で葬儀を行うなら【真宗大谷派 安樂寺】へ

大阪狭山市で葬儀を安い費用でとお考えなら【真宗大谷派 安樂寺】へ一度ご相談ください。お布施の額をはじめ、自宅や公共の会場・安樂寺狭山院を利用した安価なご葬儀も提案できます。

葬儀会社から派遣されたお寺さんだと、基本額や紹介料等が含まれている場合がほとんどです。資格はあるがお寺を持たないお坊さんもおられます。

ゆくゆくのことを考えると、ご親族が亡くなられた場合、お寺さんは直接お寺に頼まれることをお勧めします。ちなみに安樂寺ではその後、檀家になる必要はありませんのでお気軽にお電話ください。

お役立ちコラム

大阪狭山市で葬儀のご相談なら【真宗大谷派 安樂寺】へ

サイト名 真宗大谷派 安樂寺
住所 〒580-0034 大阪府松原市天美西2丁目9-4
TEL 072-331-4652 / 072-334-1070
URL http://anrakuji.biz