大阪狭山市で葬儀やご自宅の仏様(お仏壇)、墓で法要するお寺をお探しなら【真宗大谷派 安樂寺】へ。ペットの供養もご相談ください~年忌法要について~

大阪狭山市で葬儀・墓・法事などの僧侶のお参りなら【真宗大谷派 安樂寺】へ。ペットの供養も賜ります。

大阪狭山市で葬儀・墓・法事などの僧侶のお参りなら【真宗大谷派 安樂寺】へ。ペットの供養も賜ります。

大阪狭山市葬儀・法事などの相談をしたいとお考えの方は、【真宗大谷派 安樂】へご連絡ください。

大阪狭山市には支院、本院は松原市にある小さなお寺ですが、葬儀・墓・法事などの仏事に、僧侶がお伺いいたします。また終活や、墓じまいの相談、家族同様のペットの法要まで幅広く承っております。

松原市、大阪狭山市だけでなく、堺市、富田林市、羽曳野市などの地域にお住まいの方からのご相談も承っております。ご自宅近くのお寺の住職様のご紹介もできますので、お気軽にお電話ください。

年忌法要について(一般的な解説です)

葬儀を終えたら仏事はそれで終わりというわけではありません。亡くなった翌年には一周忌を行い、それから三回忌、七回忌、十三回忌…と供養の法要を営みます。

一周忌

故人様が亡くなった1年後に行うのが一周忌です。基本的には、故人様が亡くなった日、つまり命日当日に行うようにしますが、参列者の都合などから近年では週末に行われることも珍しくありません。

また、一周忌は四十九日の次に大切な法要である為、親族を招いて規模の大きな法要を営みます。当日バタバタしないように、準備は遅くても2ヶ月前から始めるようにしましょう。

三回忌

3年目を迎えるという意味で2年後の命日に行うのが三回忌です。週末に行われることが多く、一周忌と同じく四十九日の次に大切とされています。

中国では、三回忌まで喪に服していたようで、三回忌が終われば遺族が以前の生活に戻れる為、おめでたい日(大祥)とされています。そのため、三回忌は「大祥忌」とも呼ばれています。

七回忌以降は、法要の規模を小さくし、招待する人数も絞っていきます。そして、十三回忌以降は遺族のみで行うのが一般的です。

気になるのは、いつまで法要を行えばいいのかというところでしょう。ほとんどの場合、三十三回忌あるいは五十回忌をもって弔い上げとして締めくくり、それ以降はご先祖様として永代供養をしていくことになります。

大阪狭山市で葬儀の際のお寺さんをお探しなら【真宗大谷派 安樂寺】まで

大阪狭山市で葬儀の際のお寺さんをお探しなら【真宗大谷派 安樂寺】まで

大阪狭山市で葬儀を行う際は、お寺さんは直接【真宗大谷派 安樂寺】をご利用ください。浄土真宗のお寺の少ない地域です。大阪狭山市に馴染みのあるお寺を選ばれるのが後々の仏事に良いと思います。

またお布施も葬儀会社を通さず直接頼んでいただければ紹介料等も発生いたしませんので、費用をなるべく抑えたいという方(葬儀7万円~)も安心してお問い合わせください。家族同様の可愛いペットの法要にも伺います。

お役立ちコラム

大阪狭山市で葬儀のご相談なら【真宗大谷派 安樂寺】へ

サイト名 真宗大谷派 安樂寺
住所 〒580-0034 大阪府松原市天美西2丁目9-4
TEL 072-331-4652 / 072-334-1070
URL http://anrakuji.biz