松原市で法事に関することやお布施のことなどが知りたい方は【真宗大谷派 安樂寺】までお尋ねを。法事は早めの準備をおすすめします~なぜ四十九日が忌明けなの?~

松原市で法事を行うなら【真宗大谷派 安樂寺】へ~相場のわからないお布施のご質問などもお気軽に~

松原市で法事を行うなら【真宗大谷派 安樂寺】へ~相場のわからないお布施のご質問などもお気軽に~

松原市法事を行う際は、松原市の天美西にある【真宗大谷派 安樂寺】をご利用ください。まごころをこめて対応させていただきます。

法事は初めてで準備や流れ、お布施の相場がわからない…という不安を抱えていらっしゃる方もお気軽にお問い合わせいただければと思います。松原市はもちろん、近隣地域にお住まいの方からのご質問もお待ちしておりますので、遠慮なくお問い合わせください。

どうして四十九日が忌明けなの?~知っておきたい!四十九日の意味~(一般的な解説です)

仏教では、人が亡くなった際、忌明けの四十九日まで七日毎に法事・法要をします。なぜ四十九日までなのかと言うと、その間、七日毎に閻魔(えんま)大王などによって、極楽浄土へ行けるかの裁きが行われ、四十九日目に判定が下されると考えられている為です。だからこそ、四十九日は仏教においてとても大切な日とされているのです。

亡くなって最初の七日目を初七日(しょなのか)と言い、それから二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)、四十九日(しじゅうくにち)となります。

ちなみに、四十九日は七七日(なななぬか)とも呼ばれており、その間は結婚式への参加やお正月行事(飾りや年賀状など)、旅行、引っ越しなどは慎んだほうが良いとされています。故人が極楽浄土へ旅立てるよう、供養はしっかりと行わなければなりません。

松原市の法事は【真宗大谷派 安樂寺】にご相談ください~早めの準備をおすすめします~

松原市の法事は【真宗大谷派 安樂寺】にご相談ください~早めの準備をおすすめします~

松原市で法事を行うのであれば、【真宗大谷派 安樂寺】へご連絡ください。また、ご自宅近くのお寺さんを紹介させていただくこともできます。

人は死んだら終わり~ではありません。どうぞ故人様の願いを聞き届け、残されたご家族が仏様の願いを引き継いでゆきましょう。大切なご法事の準備は早めに行うことをおすすめします。1年前から心の準備、2か月前にはお寺さんと日時、お食事場所を決めておきましょう。

お役立ちコラム

松原市で法事をされるなら【真宗大谷派 安樂寺】へ

サイト名 真宗大谷派 安樂寺
住所 〒580-0034 大阪府松原市天美西2丁目9-4
TEL 072-331-4652 / 072-334-1070
URL http://anrakuji.biz